講師紹介

総合学習塾アビリティでは、子どもたちの力を引き出すために充実かつ自慢のスタッフが一丸となって情熱を込めた、きめ細かい指導を行っています!

幼児部・小学部講師

平井 学 教室長 福島県立福島高校 卒 専修大学文学部 卒

きめ細やかな指導で、苦手科目を得意科目に!

平井 学 教室長

高校時代はサッカー部で活躍した爽やか平井先生はアビリティ初等部の教室長として、生徒と保護者の方から絶大な信頼と支持を得ています。そのキャラクターを活かした魅力的な授業と生徒一人ひとりの学習状況に応じた決め細やかな指導が、例え苦手科目でも、「勉強が面白い」に、そして得意科目に、塗り替えます。趣味はランニング、自他共に認めるイケメンであり、座右の銘は「情けは人の為ならず」

大崎 敬明 マリン 副教室長 宮城県立石巻高校 卒業 法政大学法学部 卒業

社会科目を得意とし、毎年センター試験問題は満点を獲得!

大崎 敬明 マリン 副教室長

高校授業、大学進学を見据えて、中学生のうちに身につけておいて欲しい知識、小学生のうちに身につけて欲しい知識を逆算して授業を行います。
ただの知識の伝達は一切行いません。出発点となる「社会の面白さ」を感じられるように、事象に対して多角的な視野からアプローチを行い、子どもたちの知的関心や知識欲を刺激していくのです。
社会科を通して社会事象に興味関心を高めてもらい、「社会性の高い人材」となっていく過程で、当たり前のように「社会科が出来る子」になっていきます。
また知識を身につけていくうえで、最も大切な土台となる理解力や吸収力を「実感算数」を通して低学年時のお子さんには獲得してもらっています。
剣道三段、趣味は史跡めぐり、マラソン。持っているギャグの数は1兆個を超えると豪語します。

鈴木 真理 先生 秋田県立秋田高校 卒業 東北大学文学部 卒業

実感算数の指導歴、指導人数、共に、ナンバーワンのベテラン講師!

鈴木 真理 先生

実感算数の指導歴、指導人数、共に、ナンバーワンのベテラン講師です。どんな時も、お子様の成長を信じ、考え抜く様子を、粘り強く見守ります。実感算数を常に研究されており、実指導からのフィードバックを欠かしません。その造詣の深さは、真理先生を中心に、講師間で勉強会が開かれるほど。豊富な経験から、幼児期から高学年までを見通した、適切で高レベルな指導が可能です。また、お子さん2人の母親でもあります。ご家庭の悩みも、気軽に、また、真剣に、相談できる先生です。

斎藤 周子 先生 福島県立福島女子高校 卒業 玉川大学教育学部 卒業

国語のスペシャリストとして、「言葉」のすばらしさを実感してもらうことができる授業を行っています。

斎藤 周子 先生

これまで、小学校の教員をはじめとして、「子ども」と「言葉」に関する様々な仕事を経験しています。そして、その中でいつも感じたのは、「よい言葉をたくさん知っている子どもは幸せだ」ということ。「言葉」は自分を表現するための道具であり、相手を知り、理解しようとするための道具でもあり、自分が経験したこと、感じたことを通して考え、成長するための道具でもある。さらに、「言葉」そのものの美しさや面白さは、私たちをいつも楽しませてくれる…このように言葉に接し、「言葉」を大切にする歌人のプロでもあります。様々な仕事を通して、また海外での様々な文化を背景とした人々との出会いを通して、「言葉」への思いを、今なお、強く持っています。そんな国語のスペシャリストとして、アビリティの子どもたちにも、この「言葉」のすばらしさを実感してもらうことができる授業を行っています。
英語も堪能で、語学力の多さは、さすがに言葉のプロ。
また、いろんな本をご存じですから、参考になる本をいつでも紹介します。冷静な判断力とすばやい処理能力を持ち、やさしさでも子供たちには大人気です。

佐藤 亜希子 先生 福島県立福島女子高校 卒業 新潟産業大学経済学部 卒業

学習を通して心も成長することのできる授業を心がけています。

佐藤 亜希子 先生

自身が4人のお子さんのお母さんである亜希子先生は、いつも子どもと同じ目線で、子どもの立場にたって物事を考える、優しさ溢れる先生です。子どもたちが何か困っていたら、手をさしのべずにはいられません。母親としての立場から、日々子育てに励む親御さんたちの喜びや悩みも共有することがきます。学習指導はもちろん、あいさつをすること、やるべきことに集中すること、物事にけじめをつけること、時間を大切に使うこと、周りの人を思いやることなど、学習を通して心も成長することのできる授業を心がけています。いつも優しく、時には厳しく、がモットー。書道準師範である他、水泳、バレーボールが得意で、毎年夏にはお子さん方と一緒にプールで泳ぎ、水泳特訓をされるそうです。

中学部講師

大崎 敬明 先生 宮城県立石巻高校 卒業 政大学法学部 卒業

多角的な視野からアプローチを行い、知的関心や知識欲を刺激します。

大崎 敬明 先生

(社会科目を得意とし、毎年センター試験問題は9割以上を獲得)
高校授業、大学進学を見据えて、中学生のうちに身につけておいて欲しい知識、小学生のうちに身につけて欲しい知識を逆算して授業を行います。ただの知識の伝達は一切行いません。出発点となる「社会の面白さ」を感じられるように、事象に対して多角的な視野からアプローチを行い、子どもたちの知的関心や知識欲を刺激していくのです。社会科を通して社会事象に興味関心を高めてもらい、「社会性の高い人材」となっていく過程で、当たり前のように「社会科が出来る子」になっていきます。また知識を身につけていくうえで、最も大切な土台となる理解力や吸収力を「実感算数」を通して低学年時のお子さんには獲得してもらっています。剣道三段、趣味は史跡めぐり、マラソン。持っているギャグの数は1兆個を超えると豪語します。

白石 翔 先生 福島県立福島高校 卒業 駒澤大学文学部 卒業

自信が無い方、自信を付けたい方、一緒に勉強しましょう

白石 翔 先生

アビリティ塾講師の白石です。
塾で教えていて生徒の中で「僕なんか…」という言葉を使う自信の無い子が多く見られます。そういった子は総じて成功体験が欠如していることが多いように思います。
自分は今の子供達に、授業を通じて成功体験を積み重ねてもらいたいと思っています。少しずつできるようになる達成感や、自分もやればできるという確固とした自信を身につけることは、勉学だけでなく、将来大人になったときにその子の助けになるだろうと考えているからです。
自信が無い方、自信を付けたい方、ぜひアビリティで一緒に勉強しましょう!

高校部講師

教室長 原田 康典 先生 青森県立八戸高校卒業 法政大学 卒業

原田 康典 先生

長年、大手予備校に勤務し、学習計画や進路の相談など大学受験生の目標実現のための進路指導に特化して携わってきた大学受験指導のエキスパートです。主に東北大理系クラス、医学部進学などの難関クラスを担当し、東大、京大、一橋大、東北大、医学部合格を導いてきた実績の持ち主です。
その経歴を福島の高校生のために活かしてもらうべく高校生の進路指導にあたってもらっており、その成果と実績もアビリティ高校部の合格実績として、年々着実に表れています。

津嶋 朋也 先生 東京理科大学理学部物理学科 卒業 金沢大学大学院 数物科学専攻博士前期課程 修了修士(理学)

「勉強は楽しむもの!」がモットーです。

津嶋 朋也 先生

千葉県出身。高校の時にアインシュタインが著した唯一の一般書「特殊および一般相対性理論について」や「ホーキング、宇宙を語る」などに出会い、雑誌Newtonや講談社ブルーバックスシリーズを愛読していた。
物理が好きという単純な理由で東京理科大を選び、金沢大の院では日本海の海の幸に舌鼓を打ちながら素粒子論や量子重力理論の世界にのめり込む。多くの物理学者が挑んできた「重力の量子化」という難題に取り組むが、博士後期課程で夢叶わず終わる。物理の話でご飯を何杯でもいけるという噂も。
その後、高専の非常勤講師などを経て2013年、強い志を持って福島に居を移す。
高校物理で出てくる法則や公式の数々を体系的に捉えて解説することはもちろん、時には微分積分などを利用して、難関大の2次試験に対応した指導も定評がある。初等部では実感算数、中学部では数学と理科、高校部では数学と物理を主に担当。「勉強は楽しむもの!」がモットー。書店で専門書(の初版本)を物色するのが趣味。

作山 徹 先生 福島県立磐城高校 卒業 福島大学教育学部 卒業

生徒の可能性を信じ、一緒に取り組んでいきます!

国公立、早慶上智といった難関大学への10年以上の指導歴を持つ進路指導のプロフェッショナル。都内の予備校にて現役生の指導に携わったのち、アビリティにて教壇に立つ。豊富な経験を生かし、多様化する大学入試の中から塾生に最適なプランを提案し現役合格へと導く。高校部の英語をはじめ、推薦入試対策講座も担当する。コスト面も配慮し提案する出願指導は、保護者にも大好評。

金子 貴栄 先生
福島大学 人文社会学群 人間発達文化学類 文化探求専攻 卒業 福島大学大学院 人間発達文化研究科 地域文化創造専攻 数理科学領域 修了

志望校合格に向けたガイドを務めさせていただきます!!

金子 貴栄 先生

宮城県仙台市出身。数学の高等学校教員を目指し福島大学に入学し、数学(解析学・統計学)や数学教育学を学ぶ。学生時代から塾講師を経験し、大学受験を控えた子ども達との授業・交流の中で、『論理的思考(ロジカルシンキング)』を育成するために数学の授業の重要性を見出す。

授業中に「なんで?」と問われて、何も考えず「わかりません」と応えてしまったことはありませんか?私はこの「なんで?」の中に数学の楽しさの「種」や論理的に考える能力が育つ「種」が隠れているのだと思います。
まずは、「自分で考えたことを、言葉に発することができる」ように、数学の諸問題の計算方法や解法だけでなく、解答途中の「なんで?」を大切に、アビリティ随一の”キマッタ髪型”で論理的思考が育つ授業をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

今江 直弥 先生 山形大学人文学部人間文化学科 卒業 東北大学大学院 文学研究科博士前期課程修了(文学修士)

好奇心が、学問の原点です。

今江 直弥 先生

皆さんこんにちは、5年振りにアビリティで国語を担当することになりました今江です。
高校部の国語では、大学受験に通用する現代文・古文・漢文の力を高1段階から養成していくことを主眼とした授業を行なっていきます。より具体的には、熟語・語彙の理解習得、論説文・小説の読解、基礎的な古文文法・漢文句法の解説を中心に、それらを読み解く際に必須となる「教養」としての文学・歴史学・文化人類学・社会学・哲学等々、各種知見に触れることが可能な――好奇心に火が付くような――授業になれば、と思っております。
福島の(ひいては地方の)高校生は、どうしても「まずは英・数、国語は後回しで構わない」と考えてしまいがちですが、実は早期に取り組んでおかないと取り返しがつかなくなる教科が国語です。学年が上がるたびに難易度が上がる論説・小説の読解、古語・文法・句法をマスターしておかないと得点源にすることすら難しくなる古文・漢文など、受験生になってから手を付けても間に合わない分野が目白押しです。高校受験まではなんとなく点が取れていたはずの国語が、大学受験では足かせになってしまう、ということもまま起こりえます。そうした展開にならないための「処方箋」を、皆さんにお配りできるよう務めていきたいと思います。宜しくお願い致します。

佐藤 智史 先生 福島県立福島高校 卒業 際基督教大学(ICU) 卒業

英語で幅広い知識を吸収し、夢へ羽ばたくために一緒に実践していきましょう!

佐藤 智史  先生

こんにちは。高校英語担当の佐藤智史と申します。
「国語」「数学」「理科」「社会」「英語」
この中で一つだけ異質なもの、それが「英語」です。「英語」と同列なものは「日本語」であり国語ではありません。つまり学問ではなく英語は「言語」なのです。
となると、言語である以上「習得」ではなく『体得』すべきものです。読み、書き、聞き、そして何より話すことが最も重要で、この事にしっかり取り組んでいる人は着実に成績が伸びています。
とはいえ母国語でないため、はじめからそれは出来ません。本質を理解し、それを脳に、体に刷り込んで行く事が大切です。未来に活躍できる人材になるため、今が一番大切な時期です。日本人としての教養を身につけ、さらに英語で幅広い知識を吸収し、夢へ羽ばたくために一緒に実践していきましょう!

山田 洋平 先生 福島県立福島高等学校 卒業 東京工業大学大学院 修士課程修了(理学)

山田 洋平  先生

「演繹」による理解を重視しています。特に理数系科目は、できるだけ根源的な原理原則から出発し思考を重ねることが大切だと考えています。それは、時には苦しいものですが、ある瞬間から視界が拓け、その先にはまた新たな思考の世界が広がります。私は、その過程の『良きガイド』でありたいと考えています。

このページの先頭へ戻る