ブログ、日々更新中

「150年の歴史と碁を詠む」~萩市へ行ってきました!~

萩市って、夏みかんの町なんです。ご存知でしたか? 花の咲くこの季節、町中が甘い香りに包まれていました。

 

みなさんこんにちは!

マリン教室・国語科担当の齋藤です。

実は先週、私は3日間マリン教室を飛び出して、

山口県の萩市へ行って参りました。

訪れたのはここ、旧萩藩校、明倫学舎(数年前まで、市立明倫館小学校の校舎としてそのまま使用されていたそうです)。

目的はなんと!

第73期 囲碁本因坊戦七番勝負・第一局の初手観戦

です!

 

現・本因坊は先に将棋の羽生善治竜王・棋聖と共に国民栄誉賞を受賞された、本因坊文裕=井山裕太九段。挑戦者は、元本因坊でもある山下敬吾九段。

 

今年は、戊辰戦争/明治維新から150年目の節目の年です。

今期の本因坊戦の七番勝負のうち、

第1局の萩、第2局の京都、そして第5目の会津と、

戊辰戦争/明治維新ゆかりの土地で開催されることから、

この本因坊戦を主催する毎日新聞社より

「150年の歴史と碁を詠む」

という企画に、歌人・齋藤芳生としてお誘いいただきました。

山口県と福島県の歌人同士が共にこの本因坊戦の初手を観戦し、

交流を深めよう、というねらいです。

この写真を撮って数分後、挑戦者である山下九段、そして井山九段が入室。ものすごい緊張感でした……。

ちなみにこの初手の様子を報じた毎日新聞の記事がこちら

私もしっかり(ちゃっかり?)うつっております。

二日間に渡る大熱戦の末、

挑戦者の山下九段が井山九段の17連勝をストップして勝利!

会津での第五局も観戦させていただく予定です。

初手を観戦した後は、

萩市の方々に吉田松陰を祀った松陰神社などを案内していただいた後、

それぞれがつくった歌を出し合って歌会を行いました。

私は歌会の司会を務めました。その司会席より一枚。会津にお住まいの歌人であり、県立高校の国語の先生でもある本田一弘さんがお話しているところ。

囲碁の世界のなかでも最も大切な本因坊戦を目の前で観戦することができたこと、

そして、戊辰戦争/明治維新節目の年に萩市を訪問することができたこと。

日々アビリティの子どもたちの前に立つ教師として、

本当に貴重な経験をさせていただくことができました。

この経験をアビリティの子どもたちにどんどん還元してゆけるよう、

今週からまた頑張ります!

 

 

中学部フォレスト 熱い日曜日でした!

こんにちは!アビリティ中学部教室長の作山です。本日は日曜日も教室を解放しての勉強会。中1から中3まで集まって熱い1日でした。

テスト前の生徒も多く集まってくれましたが、まだテストを6月に控えた学校の生徒も日曜日を活用して学習に取り組んでくれました。

全体は写っていませんが、教室のスペースはパンパンで大盛況でした!

よしがんばるぜ!

朝9時から夕方18時まで学習をしましたが、実はブログを書いている今、19時すぎでもまだ残って学習している生徒も!

みんなのやる気をさらに高めていけるよう、先生たちもがんばります。

アビリティは英語に強いってホントですか? 先輩から受け継ぐ英語の遺伝子編

こんにちは!アビリティ英語科の作山です。本日は高校部の今年からスタートした

「英単語・Listening講座」を紹介します!

高校生のみなさん、英単語どうやって覚えていますか?英文の音読日常的にやっていますか??

英語力のUPをしていく上で必要なのがリスニングの機会を増やすことと、音読を増やすことです。アビリティではこのリスニングと音読する「場」を作り、講座として提供しています。

さらに……

この講座はアビリティの卒業生の先輩達が講座の担当をしており、高校生の時にどうやって英語をできるようにしていったか?ということを熱く伝えてもらいながら進めるスペシャル講座です。

今日担当してくれている長谷川先生は福高時代は音読ルームで徹底的に音読をし、英語を語順で捉える、音で捉えるといったことを毎日のように続けた先輩です。そして英語は高校で成績トップでした。

この新カリキュラムの話を強先生に声をかけると

「これです!僕が高校生の時にやりたかたことは!」と心から共感してくれ、今後輩の指導にあたってくれています。

ここまで蓄積してきた単語のネタ、重要だと思う単語のコメントをしながら生徒に質問もします。「読むから、答えてみて?」と全員になげかけ、全員その単語を声に出して答えてくれています。まさにアクティブラーニングで生徒のみんなも自分ごととしてとらえて活発に吸収してくれています。塾で学んでいる方法でやれば学校の単語帳もさらに吸収していけるはず!

みんな、来週の確認テストも満点目指してがんばろう!

アビリティは英語に強いってホントですか?番外編 オンライン辞書Weblio社長とお会いしました!

 

こんにちは!アビリティ英語科の作山です。英語に強い番外編として今回ブログに書かせていただくのは、こちら……

そう、インターネットで、「英語 辞書」と調べると必ず最初に出てくるwebサイト

「Weblio」の辻村社長とお会いいたしました。

私たち(作山は今年35歳)や保護者の方の世代は辞書といえば「紙」そして今20代の方であれば電子辞書を使って英語の学習をした方が多いかと思います。そんななか、今インターネットで英単語を検索しようとしたときにお世話になるのが「オンライン辞書 Weblio」です。みなさん一度はご利用されたことがあるのではないでしょうか?

福島を飛び出して社員で参加した研修先にてお会いしてお話しする機会をいただきました。

実は、今年高校1年生の英語の授業では辞書の使い方を「Weblio」をipadで使いながら説明しました。スマートフォンでいつでもどこでもインターネットに繋がるこの世の中で子供たちもネットで単語を検索することも日常になっているからです。その話をしたところ、辻村社長も大変喜んでくださいました。

「率直なところ、オンライン辞書を作っている人は紙の辞書をどう思っているんだろう?」

気になったので質問をしてみました。辻村社長は、

「紙には紙のよいところが、電子辞書には電子辞書の、そしてWeblioにはWeblioのよいところがあります。だから、必要な時に適切なものを使えばいいんですよ。」とお話しいただきました。

確かに、紙の辞書で育った私は

アルファベットの順序、全体を把握してから細部に目を移す感覚などを紙を通して養った気がしますし、最近はもっぱらパソコンに内蔵されている辞書とオンライン辞書です。それぞれのよいところを必要に応じて使いわけています。紙も、電子辞書もオンラインも全部、子供たちは必要に応じて選択することができる時代なんですよね。

子供達はビデオテープにテレビを録画することをしたことがなく、カセットテープで音楽を聴いたことがない中で、ボタン一つで録画できる、小さいときから親のスマホで音楽を聞き動画を見たことがある。フロッピーディスクなんてもはや死語ですかね……

ちょっと寂しい気はしますが、デジタルネイティブと呼ばれるくらい今の子供たちは親の世代が過ごしてきた時代とは全く違う世界を生きている。よいものはよい、使えるものは使う、そういう発想でオンライン辞書も活用していこうと思いました。

英語の学習、どんどん辞書を引かせよう!授業中にipad持たせてオンライン辞書も活用してもらおう!

こうして、地方から首都圏と同等の英語レベルの生徒を育てていきたいこと、今後の英語教育について熱く話しをしたのち、3児の父である作山は3児の父である辻村社長と意気投合したのでありました。

アビリティの英語、盤石の体制で発展しております。

次回は本編Reading編をブログにさせていただこうと思います。

今週は、インターハイ地区予選が真っ盛り。今日は、バスケで塾生の勇姿を見てきました。

塾長の佐藤です。
今週は、インターハイの県北地区予選が各競技で行われています。
文武両道に励む塾生高校生も大会に臨んでいます。

文型でも理系でもなく、もともと体育会系である僕は、大会だと聞くとテンションが上がってきます。

昨日も、その大会前日にも関わらず授業にしっかり参加してくれていた
福高バスケ部の芳賀沼君、
2年生ながら立派にスタメンということで、「じゃあ、見に行くよ!」と、その姿を見に会場に行ってきました。

芳賀沼君は大学2年になる兄と揃って福高バスケ部で文武両道、
普段の芳賀沼君は、兄同様に理数キレキレです。

でも、今日の芳賀沼君、さすが、バスケ姿もキレキレでした。

梅色のユニフォームが福高、そしてボールを持っているのが芳賀沼君。電光石火の切り込みで、ピントが合わん!

試合は、ダブルスコアで圧勝でした。
攻守にチームの役割に徹しながら高いパフォーマンスを試合中発揮し続ける芳賀沼君の姿、心打たれました。間違いなく良い選手です。

そして、会場の体育館には高校生たちのエネルギーが溢れていて、
懐かしいような、なんともいえない良い雰囲気でした。

こうした機会に、いつもいつも感じるのは、
こんな可能性のある年代の子たちと日々関わることが出来て、
しかも応援させてもらえる機会を頂戴できることが、
特別にありがたいことなんだということです。

 

高校生諸君、青春のエネルギーを爆発させよ!
アビリティも全力で応援するぞ!

 

 

良質な環境で学ぶ小学4年生 クラス制授業の様子

マネージャーの平井です。

毎週水曜日は小4生のクラス制授業の日です。

4月からスタートして早1か月。緊張と不安もだいぶ和らぎ、楽しく学んでくれています!!

1クラス12名までの少人数定員制クラス授業が特徴で、首都圏中学受験用テキストを紐解きます。

12名までの少人数定員制なので、一人一人のお子さんを個別に近い形でケアできて、

クラス制なので、「仲間との良質な切磋琢磨の環境」を整備出来ます

 

マリン教室では、子どもたちの力を高めるには、適切な材料・適切な環境が最も大切だと考えています。適切な材料=ストレッチが掛かる中学受験用テキスト、適切な環境=少人数定員制クラス ですね。

 

昨日は授業内容が早めに終わったクラスは、「自律学習」の時間に使いました。

「家庭での学習のやり方」を実践、体得してもらう時間です。

ノートの作り方、こまめな答え合わせ、間違えた箇所の見直し、等々を実践してもらいました。

 

マリン教室では「自律学習の出来る小学生」に育ってもらうことを目指しています。

小4生より小5生、小5生より小6生とその精度は着実に高まっていき、中学部へ進んでもらうのですが、今年の4年生もこれからの成長が楽しみです!!

 

みんな、これからどんどん力をつけていくよ~!!

アビリティは英語に強いってホントですか? Listening&Words編

こんにちは!アビリティ英語科の作山です。前回はSpeakingの紹介をしました。今回は、Listening&Words編をお送りします!

みなさんは英単語を覚えるとき、どうやって覚えますか?書いて覚える?CDを聴く?

アビリティでは……「ネイティブ発音を聴いて」覚えます!

正しい発音を聴いて音と意味が繋がって単語を理解できます。そしてその音と意味と文字が一致して覚え、書くことができるようになっていきます。

聴けば聴くだけ、中学生くらいの年齢であれば耳に残ります。一度正しい発音をインプットするというこを大切にしてアビリティでは単語を覚えてもらいます。

そして中学部では強力なオンラインツールをつかっています。それは……

教科書のリスニングがすぐできる「“学習塾webライブラリ”」。アビリティが県内初導入しており2年目となりました。教科書を作っている東京書籍から提供してもらっているスペシャルコンテンツです!

教科書の内容を動画付きでリスニングもできます!つまり、塾でも、家でも、外出先でもネットがつながる限りどこでもリスニングができます。

授業の際にはかならず、「音と意味の一致」というところからスタートさせます。あらゆる言語は書くことよりも聴き話すことの方が先です。ところが、最終的に書くことによってテストではチェックをするためこの音と意味の一致を行わなずに学習してしまうことがあります。高校生になると単語を覚える量が圧倒的に増えます。そういった中でも、音、意味(イメージ)、文字の記憶ができるようになれば覚えるのも早くなります。

英語の学習環境はアビリティは今年特に力をいれております。語学はある程度成果が出るまで時間がかかるものではありますが、これからは大学受験までに英検準1級レベルの語彙が身につけられるよう、リスニングも語彙力も鍛えていきます。

GW明け、たくさんの子どもたちが元気な姿を見せてくれています!

マネージャーの平井です。

GWで1週間、教室はお休みでした。GW明けから、たくさんの子どもたちが元気な姿を教室に見せてくれました。

14:30~、附属小の1年生たちの実感算数の様子

満員御礼状態です(笑)

 

そして、1年生ながら、この凛々しい姿!

能力を全開させて思考している雰囲気、伝わりますでしょうか?

 

15:40~は低学年の子たちの実感算数、1年生の速読講座と3年生の実感国語

 

そして、16:50~は小学6年生の授業(実感算数もありますが、写真を取り損ねました)

6年生になると、また雰囲気はグッと大人びてきます。凛とした空気感で取り組んでくれていました!!

 

そして、ふと見ると自習に来ている子も・・・こちらもとても良い雰囲気で取り組んでました!!

19時~は、新講座「OLECO」

 

たくさんのお子さんたちとご縁をいただき、一緒に取り組む機会をいただいておりますこと、心より御礼申し上げます。

また、元気な姿で教室に来てください!!

 

最も成績が上がった中2Sセレクトクラスを表彰しました!なんと新教研も100番以内に5人!!

こんにちは!中学部の作山です。中2Sセレクトクラスが、学年末成績向上率No.1!

よってN-1グランプリ優勝!!ということで表彰と祝賀会を行いました!

N-1グランプリはアビリティ中学部の生徒を対象に、クラス対抗戦で成績がどのくらい伸びたかどうかを競いました。「成績、N(伸びた)-1グランプリ」なのです。漫才はしていません(笑)

中2Sセレはさらに新教研優秀者率No.1!!!

100番以内にクラスの約半数の5名が入りました。アビリティのクラス制授業は定員が10名弱ですから、すごいことですよね。私もメチャクチャ褒めました!福島で、県内優秀者がこれだけ集まる環境は本当によい環境です。

塾長先生からも激励の言葉をいただきました。そして・・・

ピザは教室からのプレゼント!みんなでカンパイ!

おめでとう〜!

育ち盛りの男子の食欲に、女子も圧倒されていました、

満足そうな男性陣。

いよいよ、5月に入りました。またすぐ定期テストがあります。

「勉強しなきゃいけない」ではなくて、

「この学習でどう自分を成長させるか?」ということを意識して今後の学習にも取り組んでもらえればと思っています。

みんな、次も期待してるよ!

アビリティは英語に強いってホントですか? Speaking編

こんにちは!アビリティ英語科の作山です。アビリティの英語は4技能をしっかり鍛えています。今回はその教室の様子をご報告させていただきます。

アビリティはオンライン英語学習を取り入れ、Speaking対策を行なっています。今年は中1生の半数近くがこのSpeaking対策を行なっています。

ipadを使って海外とインターネットでつながり、1対1で個別のレッスンを行います。現地の先生もとても熱心にレッスンをしてくれるので生徒達も自ら一生懸命英語で話してくれています。

最初は「一人で話すのは厳しいかな?」と心配もしておりましたが、さすがアビリティの塾生達はそんな心配はいりませんとばかりに、自分から発言してくれています。

ここまで3週間に渡ってレッスンを進めてきましたが、皆一生懸命取り組んでくれています。

先日、一度は導入しないと発表していた東京大学も英語外部資格試験を導入する方向であることがわかり、ますます英語学習改革が加速していきそうです。アビリティはSpeakingはもちろんそのほかの3技能もさらに鍛えていきます。

 

アビリティで英語を鍛えたい方、まだSpeakingをはじめていない方、ぜひ一度お越しください。一生懸命取り組む仲間と、スタートしてみませんか?

アーカイブ

このページの先頭へ戻る