保護者の声

総合学習塾アビリティに寄せられた、父母の声をご紹介します。

福島高校合格のお母様より

合格おめでとう。最後まで”福高合格”の思いを貫き、よくがんばりました。

親としてしてあげられることといえば、体調の気づかい、陰ながらの応援、神だのみ…。これ以外何もできませんでした。本人が頑張っているのはよーくわかっていましたから。

受験校を決めるにあたり、親として不安と迷いがある中、アビリティの先生に相談した際、『貴仁はどうしたい?』の問いに『福高目指して頑張ってきたので、受験したい。』と強い意志表示。結局先生から『本人の意思がはっきりしているのに受験しないのはもったいない。大丈夫ですよ。』と言葉をかけて頂き、親子共々頑張ろうと元気が出ました。

入試直前までは、これぞ受験生、黙々と取り組み、当日はやるだけのことはやったと、スッキリ顔で迎えられたようです。

目標を持ち→学習の積み重ね→自信、達成感→合格とステキな経験はこれからも生かされることと思いました。先生方には丁寧なご指導といつも前向きなアドバイスを感謝しております。

福島高校合格のお母様より

合格したことはもちろんですが、何より良かったことは、子供が『自分は頑張った』と実感できていること、そして頑張れば実現できるということを体験できたことです。

受験勉強の初めの頃は不安になって落ち込むこともあった子供を励まし続けましたが、そのうち本人に裏打ちされた自信が芽生えたのか、最後の方では本人の意思に親の方が引っぱられました。常に前向きに指導して下さったアビリティの先生方に本当に感謝しています。

親として気を付けたのは、内心は不安になっても子供の前では見せないようにしたこと、あとは風邪をひかないように部屋の温度、湿度の管理です。合格のためにはどれだけそうしたいと強く願っているか、がすべてだと思います。

福島高校合格のお父様より

中学に入る春からアビリティにお世話になりました。本人は努力を続けるも、学校の成績と塾のメンバーとの差に何度も落ち込み嘆くことがあり、成績伸び悩み状態が続きました。先生の適切な指導により勉強方法の試行錯誤を繰り返し、中学3年の2学期に入りようやくコツをつかんだようで、後半のがんばり様は驚くばかりでした。

親として学習に取り組みやすい環境を提供することと、将来、自分が就きたいと思う仕事のために、職業選択の幅を広げておくためにも学力の維持は大切であることをいつも話していました。

合格発表当日、移動式掲示板が昇降口から引き出され、人が群がり、追いかける、不安と期待、驚きと喜び、感動がじわじわと込み上げ、中年のおじさんが恥ずかしいことにフェンス際まで離れて目にハンカチをあてました。子供達が生まれた時以来の感動の涙でした。本人に対してはよくここまでやってくれたという賞賛、そして同時にアビリティの先生の指導の賜物であることに深く感謝いたします。

資料請求・ご質問・お問い合わせは、こちらから

このページの先頭へ戻る