ブログ、日々更新中

第64回福島県短歌祭。今年もアビリティの子たちが見事、受賞しました。

中学部,実感国語,小学部,日記


「第64回福島県短歌祭 ジュニア部門」に、今年もアビリティ生が、周子先生の声かけによりチャレンジ。

 先日の新聞にも発表となっていましたが、4名の子が表彰を受けています。

<小学校の部>

福島民友新聞社賞
木村恩生さん(小2)
コンクールむねのふうせんわれちゃいそう うまくひけたよわれなかったよ 

福島県歌人会賞(佳作)
髙橋栞理さん(小6)
ひるとよる形が変わる空の目の明るさ分けてほしいこのごろ 

<中学校の部>

福島県歌人会賞(佳作)
佐藤梨沙さん(中3)
暑い夏共に戦う友がいる受験という名の舞台に向けて 

福島県歌人会賞(佳作)
長谷川花さん(中3)
梅雨あけて空が泣きやみ光差す 青空いっぱいセミの鳴く声 

周子先生による講評。
「それぞれにとても感性豊かでまっすぐな、よい歌だと思います。」

小2のいつきちゃんが名前を呼ばれて前に出た時には、
会場のおじいちゃん・おばあちゃんたちから
「あら~、かわいいこと~~~~」
と声があがっていたそうです。
なんとも言えずいいですね。

 

 

かんたん資料請求フォーム

まずは、こちらから資料請求ください。どんなことでもお気軽にお問い合わせください。※セキュリティに配慮していますので、安全に質問することができます。

お子様氏名
資料請求
メールアドレス
郵便番号
-
住所
電話番号
その他のご要望

詳しくお問い合わせしたい方はこちら