ブログ、日々更新中

「福島高校、栄えよ長く」。甲子園目指す、塾生諸君、後輩諸君の姿は、まさに青春の輝き。感動。

日記


福島高校野球部の今年の甲子園を目指す戦い。

塾長の佐藤です。
今日から、一気に夏の空がひろがり、梅雨明けを感じる熱い夏がやって来ました。
そして、それ以上に熱い戦いが繰り広げられている、甲子園を目指す福島県大会。
今年も大注目の大会。
まず、聖光学院の15回連続出場という大記録なるかという注目、
そしてそれ以上に注目は、福島高校ですよ。
なにせ、ベンチに塾生5人、スターティングメンバーに4人が名を連ねていますから、
もう、根っからの高校野球好きである僕からすれば、
「母校の悲願である甲子園出場!」に向かって塾生達が躍動する姿を見ずして何を見る!

ということで、行ってきました。いわきグリーンスタジアムでの3回戦 VS 平工業。

塾生たちが全身全霊でプレーする姿、躍動する姿は、もう〜、いつ見てもウルウルです。

もう、ここ10年以上、塾生球児たちの戦いを見に、球場に足を運んでいますが、
昨年はそれが叶わず、2年ぶりに生の高校野球。

塾生たちはもちろんですが、
高校球児たちのひたむきなプレー、
仲間達の若さ溢れる応援、
保護者達の願いのつまった眼差しと応援。
グランドで表現されるドラマは、やっぱり、すべてが最高でした.

球場に着くとブルペンには、塾生・波多野君、佐々木君が揃って投球練習する姿。
そして、先発は、佐々木君でした。
しっかりと試合を作り、途中粘りに粘り、大きな声を出し、
8回まで気持ちの入った見事なピッチングを見せてくれました。

お父さんとは中学校の野球部同士で、そのご縁で4歳の時からアビリティに通ってくれている石川君。
3年間の思いをぶつけて、見事にレフト前ヒット。

そして、これまた小1からずっと通ってくれている松山君もセンス溢れるプレーが輝いていました。

ピッチングだけでなく、結局、この日チーム唯一となってしまったタイムリーヒットである佐々木君の一打は鮮やかでした。

そして、これまた、小学校から通ってくれていて、今では見上げるような身長に成長した波多野君も、
役割をしっかりと果たす送りバントを成功。

そしてグランド以外に、スタンドにも塾生たちの姿。


立派に勇敢に勤め上げた女性応援団長、
制限ある中、応援席を盛り上げたチアリーダー、
伝統の応援を繰り広げるブラスバンド、

スタンドにも、塾生達の姿がたくさんあり、教室で見る姿とはまた別の青春の一コマは、
やっぱり格別で、眩しい姿で、これまた最高なんです。

遠かった1点…。「福島高校、栄えよ長く」。いつか、母校が、塾生が、聖地・甲子園で躍動する姿を見たい、我が人生の夢の一つです。

両チーム、エラーも四球もほとんどなく、大接戦、大熱戦が繰り広げられましたが、結局1対2で試合終了。
わずか1点が遠かった…。

勝てていれば、日曜日のベスト8を賭けた福島商業戦は、希望者による全校応援だったそうで、
願わくば、
彼らをその場で闘わせてあげたかった…、
その可能性も十分にあった彼らのこの先の快進撃を見たかった…
と思わせられる、そのくらい良いチームでした。
引き締まった好ゲームでした。

教室で顔を見たら、何と声をかけるべきなのか、まだ良く考えが整理できていません。

しかし、伝統は続く。かつての先輩達が、そして君たちが紡いだ福高野球部の伝統が、
いつか、夢の実現となって甲子園で校歌が流れる時が来ることを、願おう。

加えて、今年は、部の歴史最高であったかも知れない橘高校野球部のメンバーにも塾生達が4人入っていたものですから、
さらに夢と希望をたくさん抱くことができる夏だったのです。

生徒たちよ、今年も、夢と感動をありがとう。

かんたん資料請求フォーム

まずは、こちらから資料請求ください。どんなことでもお気軽にお問い合わせください。※セキュリティに配慮していますので、安全に質問することができます。

お子様氏名
資料請求
メールアドレス
郵便番号
-
住所
電話番号
その他のご要望

詳しくお問い合わせしたい方はこちら

総合学習室アビリティ

次世代型総合教育プラットフォームカンパニー

スクロール

教育コンテンツ

思考力・理解力
実感算数
国語4技能
実感国語
知識・学力
少人数クラス授業
脳力開発
速読
オンライン 1to1 英語 OLECO
探求学習・プログラミング
受験講座
附中受験講座
二華中・青陵中受験講座
中高一貫カリキュラム
ICT 学習ツール
ウイングネット
Studyplus for school
脳力開発
OLECO
TERRACE
「よのなか科」
次世代型キャリア教育プログラム
最強思考・課題解決思考

河合塾マナビス