ブログ、日々更新中

この前の、日曜日。

日記


チームアビリティ、『伊達ももの里マラソン』へ。

 と、そういうわけで、日曜日は、「伊達ものの里マラソン」に初チャレンジ。

 そもそも、あれは確か6月頃か?
 終業間近、平井先生が、
 「塾長も、こんどいっしょにこれどうすか?」と。
 
 「よっしゃ!出る出る!」(私)

 「じゃ、私も出ます!」(大崎)

 「じゃ、ツッシーもどうだ!」(私。もちろん、8割冗談で。)

 「じゃ、出ます!」(私。えっ!マジで…大丈夫か、ツッシー???)

 「じゃ、阿部先生も!」(私)

 「応援してまーす。」(阿部)

 「…。」(私)

 こんな流れと勢いで、チーム・アビリティの10kmマラソン、初参加・初チャレンジが決まりました。

 

さて、当日

 そうして迎えた当日、参加してみてビックリ。参加者約7,300人。
 マラソン大会全国100選に10年連続選ばれている、伊達市を上げての一大・人気イベント、
 それが、『伊達ももの里マラソン』だったのです。

 当日は、朝からあいにくの雨。
 しかし、その7,000人の参加者の熱気が雨雲を飛ばしてしまったのか、
 競技間近になると不思議と雨もあがってしまいました。

 そうこうしているうちに、
 なにせ、マラソン初参加、流れも何もわからないままに、ウロウロしていたらスタート時間。
 群衆に紛れてスタート地点に集合したのはいいが、スタートの号砲がなってからスタートラインに到達するまでに、数分かかるほどの人、人、人。

 チームアビリティの各々、お互いどこにいるかもわからず、いよいよスタート。

  

 なにせ、直前まで、夏期講習である塾人にとって練習不足は当たり前であるこの時期、
 だからこそ、あえてチャレンジ!
 ということで、出てみたところですが、

 ほんと、10kmのレースは、辛い・きついを実感させてくれるに十分過ぎるほどでした。

 だからこそ、自分に勝ってのゴールは、なんとも言えない達成感と充実感に溢れて、
 最高の気分。

 そして、チーム・アビリティ全員で完走。これまた、いっしょにやり切った感、格別でした。
 IMG_6422 

 

 伊達市のみなさん、大変お世話になりました。
 ありがとうございました。

 

 来年も、今年を上回れるよう、ぜひチャレンジしますよ!

かんたん資料請求フォーム

まずは、こちらから資料請求ください。どんなことでもお気軽にお問い合わせください。※セキュリティに配慮していますので、安全に質問することができます。

お子様氏名
資料請求
メールアドレス
郵便番号
-
住所
電話番号
その他のご要望

詳しくお問い合わせしたい方はこちら

総合学習室アビリティ

次世代型総合教育プラットフォームカンパニー

スクロール

教育コンテンツ

思考力育成
ピグマリオン学育
受検講座
附小受検講座
思考力・理解力
実感算数
国語4技能
実感国語
知識・学力
少人数クラス授業
脳力開発
速読
オンライン 1to1 英語 OLECO
探求学習・プログラミング
受験講座
附中受験講座
二華中・青陵中受験講座
中高一貫カリキュラム
ICT 学習ツール
ウイングネット
Studyplus for school
脳力開発
OLECO
TERRACE
「よのなか科」
次世代型キャリア教育プログラム
最強思考・課題解決思考

河合塾マナビス