ブログ、日々更新中

【思考探究ゼミ】意見文の書き方のコツ

夏期講習,小学部,思考探究ゼミ,日記


スライドショーには JavaScript が必要です。

書いて書いて、書きまくれ!!

ということで、

こんにちは!マリン教室国語科担当の齋藤です。

「思考探求ゼミ」第3回、

今回のテーマは「意見文の書き方のコツ」

自分の意見を相手にわかりやすく伝えるのは、

とても難しいことです。

今回は、

「意見文」という文章を書く際の「型」--

「主張」-「理由・根拠」-「まとめ」

を確認してから、

「クラスのレクリエーションきかくとしてふさわしいと思うイベント」

についての意見文を書くことにチャレンジしました。

・新しいクラスになったばかりで、顔見知りがほとんどいない状態の四月に行うイベントとする。

・45分授業を二時間続けて使うものとする。

・全員が参加できるものにする。

・ほかのクラスや学年に迷惑がかからないきかくとする。

 ……などなど、子どもたちのクラスで実際に行ってもまったく問題なし!

という条件。

今回も、みんな真剣です。

4年生から6年生まで同じ課題に取り組みましたが、

今回、とりわけ私が感心したのは、

4年生のBくんの意見文でした。

ちょっとご紹介しましょう。

 ぼくは、<ゲーム1~10と言って、10と言ったらおわり(註:というゲーム。カウントゲームですね)>がいいと思います。

 分からない人に説明すると、まるくなって右回りにじゅんばんに1(ワン)~10(テン)と言っていき、(註:10に当たった人が抜けて)最後に残った人が勝ちです。

 今回は、顔見知りがほとんどいないので、四つに分かれて、勝った人が自己紹介することにします。

 これがいいと思った理由は、自己紹介をすることで名前をおたがい知ることができて、まるくなるときに、「がんばろう」とかを言うと、少しだけでも親しくなれると思うし、けがをしないで、すぐに出来るからです。

実際にBくんが書いた文章がこちらです。

見ていただきたいのは、

Bくんがこの時間のなかで一生懸命考えた様子です。

真剣にこの「レクリエーションきかく」を考え、クラスのお友だち全員の様子を想定し、普段行っているゲームをこの「きかく」にあわせてアレンジしています。そして、その理由や根拠を自分の言葉でしっかりと表現しています。

大人顔負けの思考力。

これからの時代を生きる子どもたちに必要なのは、

まさにこんな力なのではないか、と思うのです。

もちろん、Bくんだけではなく、他の子どもたちもそれぞれに素晴らしい「きかく」を発表してくれました。

Bくんたちのこれからが、ますます楽しみになった1時間でした。

かんたん資料請求フォーム

まずは、こちらから資料請求ください。どんなことでもお気軽にお問い合わせください。※セキュリティに配慮していますので、安全に質問することができます。

お子様氏名
資料請求
メールアドレス
郵便番号
-
住所
電話番号
その他のご要望

詳しくお問い合わせしたい方はこちら